コロポックル Blog

 

雪!雪!雪!

2011/02/11 20:36 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/12 3:16 に更新しました ]

 
 
一面真っ白な雪に覆われた森の写真が届きました。
アトリエの周りは雪だらけ。今年は寒いですね。この雪の中、森の仲間たちはどうしているのでしょう。
ところで先生からのメッセージは
「絵本を出しませんか、というお誘いを受け、ただいま絵本の構想を練っているところです。
今度の絵本の中では、森の仲間たちに音楽を奏でてもらおうかなと思っています。みんながどんな楽器を演奏するのか、
どんな音楽会になるのか?お楽しみに!」
 
本当にどんな絵本になるのでしょう。出版が待ちきれないなあ。
 
先生が今まで出版した絵本はこちらから見ることができます。
 
 

あけまして おめでとう ございます

2010/12/31 17:56 に korobokuru admin が投稿

一年がたつのは本当に早いですね。 今年も皆様にとってすばらしい年になりますようにお祈りしております。
 
コロボックルの先生の近況、新しい焼き絵のお話、アトリエの周辺での出来事などなど、このブログも今年は
もう少しまめに更新できればいいなと思っています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

個展のお知らせです

2010/11/29 1:10 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/11 21:08 に Simon Dubey さんが更新しました ]

  
コロボックルの先生から個展のお知らせが届きました。 皆さんぜひお出かけください。
 

山のお化粧

2010/10/25 14:54 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/11 21:09 に Simon Dubey さんが更新しました ]

 
先生のアトリエ、バードコール周辺の紅葉、そろそろですと、お伝えしましたが、今日は、先生よりお便りが届きました。
素敵な山の写真です。東京では、山を見て過ごすということがないので、ちょっとうらやましいです。今週の週末あたり、
どこかへ行きたくなってしまいました。
 
森のウサギ
 
 
 
 

森が色づいてきました

2010/10/25 0:02 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/11 21:10 に Simon Dubey さんが更新しました ]

皆さん、お久しぶりです。 ずっと更新をサボってしまってすみません。
今年の夏は本当に暑かったですね。いつになったら秋が来るのかと思っていましたら、コロボックルの先生から、森の写真が届きました。 
もう、うっすら色づいているそうです。まだ、ちょっと、紅葉狩りには早いかなと思いますが、紅葉のスピードは案外速くて寒い日が何日かあ
ると、あっという間に森は赤や黄色に染まってしまうとか。
ところで、今年の猛暑は、どんぐりや山の木の実にもかなり影響を与えているらしいです。今年の冬は、森の小さな仲間たちにとってもちょっと
厳しい冬になるかもしれません。 
 
もりのうさぎ

焼き絵展のお知らせ

2010/08/29 15:54 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/11 21:12 に Simon Dubey さんが更新しました ]

こんにちは コロボックルの先生から、焼き絵展のお知らせが来ました。先生の八ヶ岳のアトリエ、バードコールからも近い松原湖というところで毎年行われている素敵な焼き絵展です。そろそろ、秋の気配がする松原湖も美しいし、素敵な絵を見た後はハイキングも楽しいかも。皆さんも山の空気を吸いにお出かけになってみませんか。 ドライブもいいけど、のんびりと車窓のきれいなJR小海線にゆられて、列車で行くのもいいですよ。
 

山に行ってきました

2010/08/29 15:51 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/11 21:12 に Simon Dubey さんが更新しました ]

お久しぶりです! 
今年は、全国的に暑いですね。皆さんは夏ばて大丈夫でしょうか。
先週、コロボックルの先生にお会いするため、八ヶ岳のほうに行ってきました。 その涼しいこと、涼しいこと!!
 東京ではあまり見ることがなくなったトンボが、それはたくさん飛んでいて、ちょっぴり子供のころを思い出して、懐かしくなりました。
 
先生とは、この始まったばかりのホームページを、どうしたらもっと皆さんに楽しんでいただけるものにできるか、
 
話し合ってきました。
でも、本当のことを打ち明けると、みんなコンピューターのことがよくわかっていなくて・・・・・ 少しずつ少しずつ勉強しながらがんばっていきますから、気長にお付き合いください。
 
先生から聞いた最新の森の仲間たちのニュースは、鹿の親子と遭遇したことだそうです。鹿の親子がそろって飛び出してきて、親の鹿のほうはよけきれたけれど、後から飛び出した小鹿と先生は一緒に転がってしまったそう。先生のめがねはばらばらになり、大怪我にはならなかったものの、ほほにはそのときの傷がまだ残っていました。 そんなことが、まだ先生のアトリエの近くではあるんですね~。本当にびっくりしたのは親子の鹿だったかもしれませんが。 そのうち、鹿の親子が先生の画に登場するかもしれません。
 
久々に森に行った 森のウサギ
 

道路工事だ

2010/06/23 2:01 に korobokuru admin が投稿   [ 2011/02/11 21:13 に Simon Dubey さんが更新しました ]

昨日、今日、明日、  国道299号線。我が家の前は只今道路の補修工事でああどうしよう状態、森の中はこれまた春ゼミの大合唱、でも僕の耳はちょぴり難聴、ほどほどの音で聞こえます。小鳥やリスたちも昼間は森の奥へ避難しているのかな。さて僕は庭の草むしりでもしますか。今咲いている花は、イブキ、ジャコウ草、深山おだまき、サラサドウダン、ハマナス、九輪草、芍薬、リンゴの匂いの可愛いバラ。今が一番ワクワクする山の季節です。
ジャコウ草

リスのお母さん

2010/06/22 16:21 に korobokuru admin が投稿   [ 2010/06/23 2:06 に更新しました ]

今日は先生から、森の様子が届きました。
 
八千穂のアトリエ「バードコール」に久しぶりにリスのお母さんが姿を見せました。アトリエの庭先では冬の間、小さな森の仲間たちへのおすそ分けとして、ひまわりの種などを巣箱に入れているのですが、雪が解けるころにはそれもおしまい。みんな自分たちで、えさ集めに精を出します。でも、時々ひょっこりと、アトリエの様子を覗きに、(それともちゃんと絵を描いているかな? と僕の仕事ぶりを見にかもしれませんが)遊びに来てくれる仲間たちもいます。窓辺のガラスを、こつこつとたたく音に振り返ると、そこには子連れのリスのお母さんが、「たまにはえさ頂戴よ」とばかりにこちらを伺っていました。今年はなんだか天候も不順で、えさ集めも大変なのかな。目が合ってしまってはしかたがない。子育てがんばれよ!とひまわりの種をプレゼントしたのでした。
 
 

コロボックル? ころぽっくる?

2010/06/20 17:21 に korobokuru admin が投稿   [ 2010/06/20 17:55 に更新しました ]

こんにちは はじめまして。 このホームページの管理人をしている森のウサギです。
コロポックルの先生こと竹内一躬さんと連絡を取り合って、先生からのメッセージや、森の仲間たちのつぶやきなどを皆さんにお知らせしていきたいと思っています。どうぞよろしく。
 
ところで、皆さんは、コロポックルが、アイヌの伝説に出てくる、蕗の下に住んでいる小さな人たちのことだというのはもうご存知だと思うのですが、皆さんは「コロポックル」と発音しますか? それとも「コロボックル」? 
コロポックルの先生、竹内一躬さんによると、先生の出身地北海道では、「コロポックル」と濁らないで、半濁音の「ぽ」を使うらしいのです。アイヌの言葉には濁音はなかったからとか。それが、どうも、本州に渡ってくると濁音になって、「コロボックル」という人が多いようです。
コロポックル - Wikipedia によれば、アイヌ語ではpとbは同じ音ととらえられていたみたいですね。先生はその辺にちょっぴりこだわりがあって、絵を描くときや、サインを入れるときは「ぽ」の右肩に小さい○を二つつけたりしているそうです。 

1-10 of 11